基本知識記事一覧

病院とかクリニックなどで頻繁に耳にすることがある「コレステロール」は、二十歳を過ぎれば誰であろうとも気掛かりになるキーワードに違いありません。ひどい時は、命の保証がされないこともある話なので注意する必要があります。「EPA」と「DHA」と呼ばれている物質は、魚の脂肪に含有されている不飽和脂肪酸になります。不足状態になると、情報伝達に支障を来し、結果的にボーッとしたりとかうっかりというようなことが多...

EPAを摂り込むと血小板が相互に付着しづらくなり、血液が流れやすくなります。換言すれば、血液が血管内で詰まる心配がなくなるということなのです。セサミンには血糖値をダウンさせる効果や、肝機能をより良くする効果などがあり、栄養補助食に含有される成分として、近頃人気抜群です。コンドロイチンは、食事を介して体に入れることもできることはできますが、それのみでは量的に少なすぎると言えるので、可能な限りサプリメ...

「青魚はそのまま刺身にして」というよりも、料理して食する人の方が多数を占めると思いますが、はっきり言って焼くなどの調理をするとEPAとかDHAを含有する脂肪が逃げてしまい、身体に取り入れられたはずの量が減少してしまいます。生活習慣病の素因であると決定づけられているのが、タンパク質などと一体になり「リポタンパク質」に変容して血液中に存在するコレステロールです。マルチビタミンには、あらゆるビタミンが含...

マルチビタミンを規則正しく飲めば、日頃の食事では思うようには摂り込むことができないミネラルやビタミンを補填することも簡単です。身体機能を全般に亘って活発にし、心を安定させる働きをしてくれます。我々の健康維持・増進に欠くことができない必須脂肪酸の一種であるDHAとEPA。この2つの成分を豊かに含む青魚を常日頃から食することが大切なのですが、肉類が中心の食生活に移行したせいで、魚を食する機会が次第に減...

各人がいずれかのサプリメントを選定しようとする際に、基本的な知識がないという場合は、ネット上にあるクチコミとかマスコミなどの情報を参照して決めることになってしまいます。病気の名が生活習慣病と決まったのには、病気の原因を作らないように、「毎日の生活習慣を正し、予防意識を持ちましょう!」というような意識改革の意味も含まれていたとのことです。コレステロールを減少させるには、食事を改善したりサプリを有効活...

年を重ねれば重ねるほど、体内部で作ることが難儀になるグルコサミンは、カニないしはエビの殻に豊富に含有されているアミノ糖の一種で、一般的な食事からは簡単には摂ることができない成分だというわけです。運動したり食生活を正常化することで、ビフィズス菌を増加させることが一番有効ですが、そう簡単には生活スタイルを変更できないと考える方には、ビフィズス菌が入っているサプリメントを推奨します。マルチビタミンという...

体のあらゆる部位の関節痛を和らげる成分としてお馴染みの「グルコサミン」ですが、「なぜ関節痛の解消に有効だと言われるのか?」について教示させていただきます。現在の社会は心的な負担も多く、その為に活性酸素も多量に生じてしまうことになり、全細胞がさびやすい状況に置かれていると考えられます。これを阻止してくれるのがコエンザイムQ10だと聞きました。2つ以上のビタミンを一緒にしたものをマルチビタミンと称する...

中性脂肪が血液中で一定量を超えてしまうと、動脈硬化を早める原因の一つになります。そんなわけで、中性脂肪の定期的な測定は動脈硬化系疾患を防ぐためにも、面倒くさがらずに受けてください。血中コレステロール値が異常だと、いろんな病気になるリスクがあります。だとしても、コレステロールが欠くことができない脂質成分だということも事実です。コレステロールを豊富に含む食品は買い求めないようにしたほうが良いと思います...